赤星や

赤星や

永らえて果つ

懸想人

                        赤

                        星

                        や

                        永

                        ら

                        へ

                        て

                        果

                        つ

                        懸

                        想

                        人

中3個人面談からの面倒くさい女

チップ中3。今日は学校の3者面談でした。おかーさん、半休とって行ってきました。

1学期の成績は明日出ますので、まだ評価はわからない中、先生がこんなことを仰いました。

チップさん、社会、どうだった?

89点だったので、少し残念でした。2学期はもっとがんばります。

そうね。どんな評価がついても、夏休みしっかり勉強して2学期がんばりましょう。

てことは、、社会は4てことですかね絶対評価なので9割とれなかったら4なのかなーと思ってはいましたが、でも89点は学年最高点でしょ?と5くれんじゃね?って密かに期待もあったんですよ。

で、志望校についても色話をして面談終了。家に帰るとチップが泣くんです。

社会4なのかな

今くよくよしたって仕方ないよ。明日にならないとわからないんだから、気にしないで今やるべきことをやりなさい

、シクシク涙がこぼれる。

そんな、たかが社会1教科じゃーん。4だったら4だったで仕方ないよー、2学期に取り戻せばいいんだからさー。都立っつったってオール5じゃなきゃいけないってわけじゃないんだしー

そしたらいきなり

うわーーん

え、、なんでおかーさん、何か気に障ったこと言ったな、な、なぐさめただけなんだけど

だ、だってさ、アタシさ、1年生の時から一生懸命やってさ、ずっと5を取ってきたのにさ、おかーさんさ、4でも5でもどっちだっていい、みたいに言うんだもん

マジか。間違えた。じゃこれか?

おめぇよー、そんなに5を本気で欲しいんだったらよー、もっと勉強して満点とってこいや89点なんて中途半端な点数とってきやがってよー今更グチグチグチグチ言ってんじゃねーっつーのあ、もちっとお上品に言いましたよ

そしたら

うわーーん

え?だめこれ違った?

えー、じゃ次

んもうー、89点でしょー?

5に決まってるじゃん。チップが5じゃなくて誰が5なのよー

そしたら、

泣き止んだ

はい。泣き止みました。ふうっ

この一連の流れを横でじーっと見ていた社長小5。つつつーっとおかーさんの横に来て耳打ち。

ちーちゃん、めんどくさいねー

おかーさんも耳打ちでお返し

そんなこといわないの!

と言ったものの、

おかーさん、ここで声を大にして言いたい。

チップ

おめ、めんどくせー女だなーーーー

はあスッキリー

言及

崩れる危険に関しては上も下も同じだから言及しない。せめて砂利の上でやらせるのは何とかならんのか?上の人と決定的に違うのはそこだろ。不公平すぎる。しかも、実際にやらない大人達の見栄の張り合いになって、そんな大人達の都合でどんどんピラミッドの段数もエスカレート。アホや。

限定プラン

おはようございます。

昨日は頭が痛くて仕事に集中できなかったので、

今日は4時から昨日こなせなかった事務系のお仕事をしています。

本当は昨日中にホームページでご案内したいことがあったのですが、

かき氷を食べた後みたいに頭がキンキンしていて集中できずに断念しました。

概要だけ先行してこちらのブログでご案内させてください。

名称アは「レスオプションプラン」となっています。

約37%お得な価格でぴーすのゴールデンを家族に迎えることができます。

まずは試験段階ですので対象の子犬ちゃんと期間は限定させていただき、

喜んでいただけるようであれば随時拡大していこうと考えています。

まずは5/11生まれの男の子3頭を対象にご案内させていただこうと考えています。

月齢的にはちょうどお渡しが出来るようになったところですのでかわいい盛りだと思います。

興味のある方はまずはお電話でお問い合わせください。

ぴーすお問い合わせ電話番号:0296-35-6038

Tweets by piecegol

臓器移植

医療技術の進歩によってこれまで不治の病とされてきた難病であっても他人の臓器を移植することによって悪くなった部分を切除して入れ替えることでそれを克服し通常の生活ができるまでに復帰するという例は珍しいことではなくなった。

臓器移植にとっての一番の難問であった免疫不全についてもそれを抑制する薬が開発されて感染症などの別疾患に罹患するリスクもずいぶんと減少しているらしい。

腎臓のように一人の人間に二つあって一つ提供しても大きな支障がない臓器もあるし肝臓のようにその一部を切り離しても機能するという臓器もあるようだが心臓のように一人に一つしかなく生命を維持する上において絶対に必要不可欠な臓器の場合には当たり前の話だが生きている人間から取り出すことはできない。

そこでまだ臓器としての機能が残っているうちに死んだばかりの人間から移植するという発想が出てくる。死を不可逆的な肉体の崩壊というように厳格に定義してしまうといわゆる脳死状態の患者は完全に死んでいるとは言えないことになってしまうがそういった人達の心臓を取り出すためにはその人が絶対に生き返らないという保証が必要だ。

だから身体の一部は生きていても本当は死んでいるのだというややこじつけたような脳死判定という怪しげな概念が登場してきたのだろう。僕は医学者でもないし医療に詳しいわけでもないが他の組織や細胞などがきちんと機能しているのなら脳が活動していないというだけでその人は死んでいるというのは納得できないのだ。

ニュースを見ていると心肺停止という報道がなされることがある。心臓と肺が動いていないということだがそれでも死亡と言わないのは医師が死亡診断をしていない限り心肺停止としか言えないのだそうだ。

つまり死は医師が決めることなのだ。

テレビドラマなどでも主治医がご臨終ですと告げて遺族が泣き崩れるというシーンがあるが医師が死亡と診断しなければ人は死んだことにはならないし逆に言えば医師が死亡と診断すればその人は死んだことになるわけだ。

僕は臓器移植には基本的に反対だ。それによって救われる命があるとしてもそれによって確実に失われる命もあるわけでこの考え方を進めていくと死んでよい人間と死んではいけない人間とが選別されるようになってしまう。さらに突き詰めれば特定の人間のために犠牲になる人間が出てしまうのは仕方ないという発想に繋がりかねない。

人間は誰でも必ず死ぬのだ。海外ではお金が臓器を買うことができるらしく小さな命を救おうという募金ができて2億円とか3億円も集めてアメリカで手術をして今は元気にしていますというニュースを時見かける。助かった子供さんや親御さんにとってはありがたいことに違いないが二度と肉体として復活できなくなった人の遺族の気持ちを考えると複雑だ。

髪の毛や爪のように切って捨てるものであれば捨てるくらいなら役に立つのならいくらでも差し上げるが数十年間お世話になりっ放しだった肉体の一部を軽しく他人に差し上げるという気持ちになれない。

心臓移植を受けた人の性格や好みが変わるという話は珍しくない。そんな馬鹿なと思うかもしれないが心とは何かを考えると魂のようなものがすべての細胞に宿っていると考えると分かりやすい。

心とか精神作用というものは脳内の電気信号に過ぎないと考えているとこれは理解できないと思う。神は細部に宿るというのも案外同じことを言っていると思うのだ。